夫婦の悩める問題・・離婚は弁護士へすぐさま相談

夫婦の悩める問題・・離婚は弁護士へすぐさま相談

男性たち

離婚の問題

近年、離婚に関するトラブルは増加する傾向にあり、一般的にもそれほど珍しい問題ではないです。しかし、離婚を急ぐあまりに不利な条件で離婚してしまったり、離婚した後にトラブルに発展してしまったりとトラブルが相次いでいます。

慰謝料と財産分与

離婚のトラブルで最も大きなものとして、慰謝料や財産分与といった「お金の問題」が挙げられます。お金の問題はトラブルの原因としても多く、度々事件に発展してしまうこともあります。そのような事態にならないためにも、弁護士を雇うべきなのです。

離婚を円満に

また、円満に離婚するためにも、弁護士のサポートは必要になります。やはり、当事者同士が話し合うだけでは問題解決までに時間がかかるだけでなく、話がこじれてしまう可能性もあります。しかし、弁護士が第三者として仲介することで、離婚までの流れを円滑にすることができます。

弁護士は途中で変えられる

弁護士を雇うときに多くの方が聞かれることが、「弁護士は途中で変えられるかどうか」です。結論から言いますと、弁護士は途中で変えることが可能です。そのため、担当者弁護士に不安や不満を持っているのなら、途中で変えてもらうことをおすすめします。

弁護士に相談するときのポイント

正直に話す

ご自身の要望や希望はもちろんのこと、自身が不利になるようなことも含めて、正直に話すことが大切になります。弁護士側としても、正確な情報を教えていただかないと対策が練りにくいはずですから、なるべく正直に全て話しましょう。

費用を確認しておく

正式に弁護士を雇う場合に、どれぐらいの費用がかかるのかを確認しておきましょう。費用の負担は依頼者の問題やケースによって異なります。また、依頼する弁護士事務所によって費用が異なりますので、初回相談の時に聞いておくといいでしょう。

関係のある書類を用意

弁護士が事実の経過や契約内容などを把握し、的確なアドバイスを行なうためにも、ご自身が依頼する問題に関係がある書類や資料を全て用意しておくことをおすすめします。特に、重要な証拠となる書類や資料は早めに持参して、弁護士に伺いましょう。

出来事を順番に並べる

法律や相談のスペシャリストである弁護士でも色々な出来事を脈絡もなく話されると、事実を把握する時間がかかるものです。そのような無駄な時間を省くためにも、出来事を順番に並べたメモなどを用意しておくといいでしょう。

広告募集中