解決の糸口はここにあり!相続問題を解決するプロ

解決の糸口はここにあり!相続問題を解決するプロ

男性

死亡届などの手続き

被相続人が死亡してから遺産を相続するためにはまず、死亡届を7日以内に死亡地の市町村役場に提出する必要があります。(例えば、横浜で被相続人に亡くなった場合、横浜の役場に届出)そして、提出を済ませたら遺言書の有無を確認しておきましょう。遺言書がない場合には、法定相続に従って相続していきます。

相続財産について

遺言書が無い場合、法律上で相続人となる者を調査し、相続財産となるものを分配します。法定相続分に従って相続する場合でも、複数の相続人がいるときには、全員で遺産分割協議を行ないます。この時に相続人同士で話がまとまらない場合には遺産分割の調停や審判を申し立てるといいでしょう。

相続登記から相続税の支払い

遺産分割の結果に基づいて、相続登記や金融機関に対する手続き等を行ないます。これらの手続きは期限自体は設けられていませんが、金融機関での手続きは口座凍結などの問題がありますので、なるべく早く済ませておくことをおすすめします。そして、各手続きが完了したら相続税の申告を行ない、遺産相続の問題は解決します。

広告募集中